半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

リツイートの魔力

シェアする

スポンサーリンク


f:id:dead_corns:20180212171513j:plain

 

おこんばんは。半魚人です。

 

早いもので、2018年ももう2月半ばです。

寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

私は年明けから少し仕事が忙しくなり、それを言い訳にしてろくにブログも書かないいつも通りの日々が続いております。

 

さて、そんな私ですが、つい先日非常に嬉しく、また非常にびっくりした出来事がありました。

それは、下記のツイートです。

 

このツイート、なんと557リツイートされ、523いいね!がつきました。

ツイートの内容としては「IT業界あるある」みたいな感じで「拡散狙ってやるぜ、ひひひ」みたいなことは全然考えてなかったので、嬉しくもありびっくりもしました。

普段は全然リツイートされることないので、最初は炎上したかと思ってビビってました。

せっかくなので、今回のツイートの内容を少し解説します。

 

運用でカバーする

システム開発は実際にシステムを使うユーザーから「どんなことをしたいか」「どんな機能が欲しいか」といった要望をヒアリングして、その内容を元にシステムを開発します。

しかし、ユーザーからは要望がどんどん出てくるので、要望を全て聞いていたら納期に間に合わなくなることもあります。

そのような場合、業務上必須の機能を先にリリースして、「あると便利機能」はリリース後に開発するみたいに交渉することがあります。

 

これが「運用でカバーする」ことで、ユーザーは便利機能はないのでちょっと不便ですが、必須機能はあるので業務は出来るわけです。

ただですね、実際にシステムを使用する現場の人にこの話が伝わっていなかったりすると「この機能がない! バグだ! 早く直せ!」とお叱りをいただいたり、「ごめーん、あの機能やっぱり必須だからなる早でよろしく☆」みたいなことがあります。

非常に理不尽です。

 

ドキュメントは後で書く

これは会社やプロジェクトによってかなり異なりますが、システム開発では「画面設計書」とか「テーブル定義書」とか「テスト項目書」のようなドキュメントを書くことがあります。

例えば画面設計書だと「この画面のこの一覧の表ではこれを表示して、ボタンはこの位置で…」みたいな感じです。

 

ただ、このドキュメントを書くにも当然工数がかかります。

それで、スケジュールに余裕がないプロジェクトだと「ドキュメントはプロジェクトが落ち着いたら書いて、今は開発を進めよう」なんてことになります。

ただ、システムをリリースしたら今度はユーザーからの問い合わせやバグ対応があり、それが落ち着いたと思ったらすぐ別プロジェクトが始まったりするので、結局ドキュメントを書くことはないという感じになります。

 

ちなみに、数ヶ月後にあるプログラムを見て「このくそコード書いたの誰だよ!」と憤っていたら自分の書いたプログラムだったというのはエンジニアなら一度は経験してると思います。

 

リリースして落ち着いたら代休取っていいから^ ^

これは言うまでもないかもしれませんが念のため。

私が昔いた会社では、月40時間までは見込み残業で40時間を超えるとその分はまた残業代が出るという制度でした。

しかし、残業が40時間を超えるとマネージャーから「40時間以内になるようにタイムカード修正しておいて。落ち着いたらその分休んでいいから^^」と言われておりました。

最初のうちはその言葉を信じていたんですが、上にも書いたようにシステムをリリースしたらしたでバグ対応とかありますし、すぐ次のプロジェクトが始まるので結局代休をとる暇がないんですね。

 

なので、途中からは「あっこれ休むの無理だな」と諦めていました。

それ以前にタイムカード修正自体がどうなんだという話なんですがw

残業40時間超えるとマネージャーがその原因とか今後の対応策とかを会社に提出しなければならなかったので、多分マネージャーが自分の評価とか気にしてたんだろうなぁ。。。

多部署は普通に残業代もらってましたし。

 

まとめ

なんか途中から社畜エピソードみたいになってしまいましたが、リツイートの魔力はすごいです。

リツイート数が増え始めてからは、会社でちょいちょい自分のツイッターをチェックしてましたし、「自分は面白い人間だ」と勘違いしてしまいました。

 

 

はい、このように調子に乗ったら見事に滑ってしまい、現実に引き戻されました。

恐らくですが、今回のツイートは最初の頃にリツイートされた方の中に影響力がある方がいたんじゃないかなと思ってます。

 

とりあえず、今後もアホなこととか変態ネタとかくだらないツイートをしていきますのでよろしくお願いしますm(-_-)m

 

それでは!

上へ 20171101233130