半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

私が半裸でいる理由

シェアする

スポンサーリンク


f:id:dead_corns:20170806154607j:plain

 

おこんばんは。半裸人(@dabohaze2017)です。

 

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は自宅では上半身裸、つまり半裸の状態で過ごしています。

今回は、私が半裸でいる理由、また半裸でいることのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

 

なぜ半裸なのか

まず前提として、私は裸族ではありませんし、裸を他人に見られて興奮する性癖もありません。

SかMだとMですがそれ以外は普通(のはず)です。

 

そんな私が半裸で過ごすようになったのは一人暮らしをするようになってからです。

私が住んでいる部屋はすごく熱がこもりやすいんです。

おかげで冬は年内は暖房がいらないくらい暖かいですが、夏は地獄です。

6月からはクーラーをつけないとやってられません。

 

でも、私はお金がないので出来るだけ電気代は節約したい。

そんな状況で思いついたのが「半裸」です。

半裸でいることで私は夏にクーラーの温度を1度上げることに成功しました。

今のところ電気代に変化はありませんが、いつか成果が出ると信じています。

 

全裸でいいじゃん

ここまで読まれた方の中には「もうめんどくさいから全裸でいれば?」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、いくら一人暮らしでも裸でいることには抵抗があります。

日々アホなことをやってWeb上に恥ずかしい文章を垂れ流している私でもそれくらいの羞恥心があります。

 

それに、もし裸で宅配便の応対なんてしてしかもそれが女性のスタッフさんだったら事案になります。

また、もし家にテロリストが乗り込んできて急いで窓から飛び降りる必要がある場合、飛び降りて着地に成功しても全裸だとかっこ悪いですし、下手したらテロリストに殺される前に警察に捕まります。

 

そんな訳で私は半裸でいることを選びました。

 

半裸でいることのメリット

洗濯物を少なく出来る

半裸でいるということは、当然上半身は何も身につけません。

何も身につけない = 服を着ない = 洗濯の必要がないということになります。

 

一週間毎日別々のTシャツを着た場合、7枚のTシャツを着ることになり、当然着たTシャツは洗濯しなければなりません。

ですが、上半身裸でいればTシャツは着ないので、洗濯する必要がありません。

 

洗濯物の量が減れば使用する洗剤と水の量も減りますし、洗濯の手間も減ります。

いいことづくしですね。

 

ダイエットのモチベーションが上がる

皆様の中に、シャワーを浴びるときに自分のたるんだお腹を見て絶望したことはありませんか?

服を着ているとなかなか自分のお腹に意識が行かないと思いますが、裸でいると嫌でも自分の体が目に入ります。

 

一見これはデメリットのように思われるかもしれませんが、ダイエットをしている方にはメリットに変わります。

私は筋トレとランニングが趣味ですが、仕事で疲れた時など、「今日は疲れたから休もうかな」と思うことがあります。

そんな時に自分の体を見て「いや、もっと鍛えないとダメだ。頑張ろう」と自分を奮い立たせることができます。

 

セルフコントロールの一種ですね。

 

半裸でいることのデメリット

半裸で外に出ようとすることがある

宅急便の応対をする時や、夜中にちょっとコンビニ行こうかなというときにたまに半裸で外に出ようとしてしまうことがあります。

大抵は直前で気づくのでいいんですが、一度だけ夜中にアパートの一階まで半裸で降りた時は焦りました。

誰にも遭遇しないでよかったです。

 

外で脱いでしまうことがある

これはちょっと何とかしないとと思ってるんですが、たまに外で脱いでしまうんですよね。

先日の某ブロガーオフ会のカラオケでの脱いでたみたいですし。

(お酒飲んでたのであまり記憶にないですが)

 

最近セクハラ問題とか厳しいので、しっかりとTPOをわきまえる必要があると思っています。

 

たまに風邪を引く

半裸であるということは、自分と世界を遮るものは何もない状態です。

つまり、クーラーの風も直接自分の体に当たります。

体が冷えすぎてたまに風邪を引きます。

 

ただ、デメリットは考え方によってはメリットに変わります。

乾布摩擦のようなものだと思うことにします。 

 

まとめ

ここまで半裸のことを書いてきましたが、別に半裸って変なことではないですよね。

サッカー選手は試合後にユニフォーム交換で何万人もの観衆の前で半裸になるし、海やプールではみんな半裸だし、ドラゴンボールの悟空も敵の攻撃で服が破けて半裸になります(むしろ自分から破ってることもあるのでそういう性癖なんでしょう)。

 

節約をしたい方、ダイエットのモチベーションを上げたい方、新たな自分を発見したい方は是非試してみてはいかがでしょうか?

 

それでは!

上へ