半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

やらないのは優先順位が低いから

シェアする

スポンサーリンク


f:id:dead_corns:20170625203026p:plain

 

おこんばんは。半魚人です。

 

最近、ある理由でかなり自由な時間があります。

 

それにも関わらず、仕事が忙しかった時に「時間が余裕が出来たらこれをやりたい!」と思ったことを時間がある今全然出来てないので、そのことを書きたいと思います。

 

やりたいことはたくさんある?

恐らく、やりたいことはたくさんあるはずなんです。

資格試験の勉強、iPhoneアプリ開発、筋トレ、ストレッチ、読書、料理など。

でも、これら全然出来ておりません。

たまに筋トレ、読書、料理はしますが、前二つは一切やっておりません。

 

今日こそはやろう!と思うんですが、家に帰って食事とシャワーを済ますとやる気がなくなってしまい、つい漫画を読んだりネットサーフィンをして寝る時間になってしまう…という繰り返しです。

 

時間がないのではなくやる気がない?

こんなことを繰り返しているうちに、「自分は時間がないからやらなかったのではなく、やる気がないからやらなかったのでは?」とふと思いました。

正確に言えば、「やる気はあるけど優先順位が低いからやらない」ですかね。

 

例えば、私はお風呂入るのは好きですし、特に夏場はシャワーを浴びなければ匂いますし不衛生ですよね。

また、食べることも好きですし人間は食べなければ生きていけません。

睡眠も同様で、寝ることは好きですし寝なければ生きていけません。

 

自分が好きなこと・生活、生きるのに必要なこと」は必ず毎日やってるんですね。

当たり前ですが。

歯磨きや髭剃りとかもそうです。

 

それに対して、資格試験は会社から受けろと言われた訳でもなく、資格が必須の仕事ではないのでなくても仕事は出来ます。

他のことも同様で、筋トレもしなくても生きていけますし、一人暮らしなので料理をしなくてもお弁当を買ってくればいいです。

 

大切なことは優先順位

大切なことは、自分の中での「優先順位」なのかなと思いました。

 

考えてみると、「絶対に資格を取る!」という方は通勤電車内などどっかしらで時間を見つけて勉強していますし、「絶対に世界1周する!」という方は学生時代に必死でアルバイトしたり、欲しいものを我慢したりしています。

 

それが出来るのは、その人の意志の強さやる気の有無もあると思いますが、やはり優先順位が高いからだと思います。

 

優先順位が高いからそのために他のことを我慢したり睡眠時間を削ったり出来る。

「お金がない」も同じかなと思います。

絶対に欲しいものがあったら、そのために他のことを我慢してお金を貯めるはずですから。

 

まとめ

この記事を書いていて、学生時代を思い出しました。

学生時代に部活をやっていて「部活を引退したら受験勉強始めよう」と思っていたのですが、部活を引退して時間が出来てもその時間で遊んでしまい、ろくに受験勉強しませんでした。

 

あの頃と何も変わってないな…

 

徹夜で飲んだりカラオケ行くのは楽しくて睡眠時間を削っても出来るので、睡眠時間を削って勉強や筋トレが出来ないのはやはり自分の中で楽しくない・きついことだと思ってしまってるからかなと思います。

 

まだ具体的な方法は思いついてないですが、ここまでくると単純な決意だけでは出来そうにないので、今後はもっと根拠のある、理論的な方法を考えて試してみようと思います。

 

それでは!

上へ 20171101233130