アプリ「Office Lens」が便利!


スポンサーリンク


こんちはっす。

 

今回は、私のオススメのアプリ「Office Lens」を紹介したいと思います。

皆様は、会議でホワイトボードを使ってそのホワイトボードの内容を撮影して

メールなどで共有、ということをされたことはありますか?

さすがにお客様との会議で「パシャッ」とすることは難しいですが、

ホワイトボードを撮影するのは「会議の参加メンバー以外にも共有したい」場合などに

メールなどでパッとホワイトボードの写真を共有出来るので便利です。

ただ、このやり方にも欠点があって、会議室には机や椅子があり、

写真を撮るベストポジションがなかなか見つからない場合や

「ホワイトボード全体の写真を撮りたいけど机と椅子があるから

変な体勢での撮影になる」といったことがあります。

でも、そんな時に今回ご紹介する「Office Lens」が便利なんです。

 

Office Lensとは?

「Office Lens」はマイクロソフトが開発したアプリで、

iOS版、Android版の両方が存在していて無料でインストール出来ます。

このアプリがすごいところは、通常のスマホのカメラだと斜めの角度から

撮影した写真は斜めのままですが、このOffice Lensで撮影すると

自動的にトリミングして角度を調整してくれるのです!

Office Lens

Office Lens

  • Microsoft Corporation
  • 仕事効率化
  • 無料

 

実際にやってみよう

上記の説明だけだと「はぁ? 何言ってんだこのスットコドッコイが」と

思われる方が多いと思うので、実際にこのアプリを使用してみたいと思います。

被写体はこちら。

f:id:dead_corns:20170517125850j:plain

はい、昨日届いたばかりの「Kindle Paperwhite」です。

予想以上に軽くてびっくりです。

ちなみに「アマゾンプライム会員」の方なら4,000円オフのクーポンが

使えるのでおすすめです^^

今回はこのKindleちゃんを使ってOffice Lensの素晴らしさをお伝えします。

 

普通のカメラの場合

比較対象があった方がわかりやすいと思うので、

まずはスマホの標準のカメラで撮影します。

ちなみにスマホはiPhone6です。

まずは、Kindleちゃんを正面から撮影した場合。

f:id:dead_corns:20170517130447j:plain

はい、まあ普通ですね。

普通ではなかったら逆に困りますが^^;

続いて、斜めの角度から撮影した場合。

f:id:dead_corns:20170517130635j:plain

はい、斜めの角度です。

ただ、「正面からの写真」が欲しい場合はこれだと困りますよね。

 

Office Lensの場合

それではお待たせしました。

いよいよ真打登場です。

KindleちゃんをOffice Lensを使用して撮影します。

アプリを起動して、上の写真と同じような角度からアプリの画面を

通してKindleちゃんを見てみると。。。

f:id:dead_corns:20170517131020j:plain

なんか、普通のカメラアプリとは明らかに違う気がしませんか?

Kindleちゃんの周りに「白い枠線」があると思いますが、

この白い枠線で囲まれた部分が実際に写真として撮影される範囲となります。

この白い枠線はアプリが自動調整してくれます。

撮影される範囲がよければ、画面下中央の赤い撮影ボタンをタップします。

ちなみに画像左下の手書きの漢字には突っ込まないでください。

素で間違えました。

f:id:dead_corns:20170517135616j:plain

 

するとこんな感じで、何やら処理をしている感じの表示が出てきます(そのまんま)。

f:id:dead_corns:20170517131908j:plain

 

そして、処理が終わった後の写真がこちら!

f:id:dead_corns:20170517131945j:plain

なんということでしょう。

斜めから写真を撮ったはずなのに正面から撮った写真になっています。

これなら、被写体の正面の画像が欲しい場合もわざわざ

正面に移動する必要がなさそうですね。

某死神漫画の「何・・・だと」というセリフが聞こえてきます。

 

あっ時々ブログ内で「13kmや」とかネタとして使ってますが、

私はBLEACH好きです。バカにしてる訳ではないです。

それで話を戻すと、まだこの時点だとこの写真は保存されていません。

「撮影したけどやっぱり撮り直したいな〜」という場合は、

画面右下のゴミ箱マークをタップします。

f:id:dead_corns:20170517132633j:plain

 

すると、「本当に削除しますか?」みたいなダイアログが表示されるので、

「削除」をタップ。

そんな、ひどい…

f:id:dead_corns:20170517132646j:plain

 

逆に「この写真でいいか」という場合は画面右上の「完了」をタップします。

f:id:dead_corns:20170517132938j:plain

 

すると、写真の保存先を選ぶ画面が出てくるので、保存先を選びます。

今回は「フォトライブラリ」に保存したいので「フォトライブラリ」をタップ。

f:id:dead_corns:20170517132953j:plain

 

すると、「画像を保存しました」と表示されて実際に写真として

スマホ内に画像が保存されています。

これで完了です。

特に複雑な操作もなく、写真の撮り方はほぼ普通のカメラアプリと変わらないですね。

操作がシンプルなのは魅力だと思います。

f:id:dead_corns:20170517133305j:plain

 

まとめ

「Office Lens」アプリ、いかがでしたでしょうか?

もちろん自分でメモを取ることも大切ですが、サラリーマンは何かと忙しいもの。

「うっかり議論に白熱してメモを撮り忘れた。でも次の会議のために

会議室を空けなければならず、ホワイトボードも消さなければいけない」という

場合もあると思います。

そのような場合もメモを取ることは難しくても写真を撮ることは出来ると思います。

さらに、「Office Lens」を使用すればある程度斜めの角度からでも撮影が出来るので

ベストポジションを探す必要がありません。

皆さんも是非つかってみてください!

 

余談ですが、漫画「スラムダンク」のヤマオー戦の最後の方で、

「桜木はゴール右45度の位置が1番シュート確率がいい」みたいなセリフが

出てくるんですが、桜木のシュート特訓の時にそんな描写が

全然なかったのでかなり唐突で「ん?」と思いました^^;

好きだし面白いから全然いいんですけどね