半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

引き抜きは悪いこと?

シェアする

スポンサーリンク


おこんばんは。半魚人です。

 

皆さんの中に、自分が他社から引き抜かれた、もしくは引き抜かれた方が身近にいる方はいらっしゃいますか?

引き抜きは企業から直々に「あなたが欲しい」と言われる非常に名誉なことで、給料も上がる場合が多いと思います。

ただ、私が働いているIT業界では引き抜きが「タブー」とされる場合があります。

今回はその「引き抜き」について書きたいと思います。

 

IT業界は他の業界と比べても引き抜きが多いのではないかと思います。

なぜ引き抜きが多いのか、それはIT業界にはSES(システムエンジニアリングサービス)

という契約があるのですが、そのSES契約が理由の一つだと私は思います。

 

システムエンジニアリングサービスとは

「システムエンジニアリングサービスとは、システムやソフトウェアの開発・運用などで行われる委託契約の一種で、対象物の完成などを目的とせずに特定の業務への技術者の労働の提供を行う契約。提供元企業の従業員が客先のオフィスに常駐して技術的なサービスを提供するもの。」です。

e-words.jp

 

例えば、YS社山田君という社員が所属していたとします。

f:id:dead_corns:20170514175112p:plain

 

このYS社はYG社とSES契約を結んでおり、YG社が「大きなプロジェクトを始めるんだけど人が足りないから誰か人出してくれない?」みたいな要望をYS社に出したとします。

f:id:dead_corns:20170514175205p:plain

 

するとYS社は「おっ!なら山田っていう奴がいますよ。ただこいつ野球で例えるならトリプルスリーの山田選手並みに優秀なんで、月額80万でいかがですか?」みたいな感じでYS社は山田君をYG社に常駐させます。

f:id:dead_corns:20170514175745p:plain

山田君はYS社に所属していますがYG社で常駐して働き、YG社はその労働力に見合ったお金をYS社に支払い、さらにYS社から山田君に給料が支払われるわけです。

ぶっちゃけこのIT業界のSESは結構グレーゾーンなんですが、そこはまたの機会にしたいと思います^^;

ちなみに、SESで単価80万はかなり優秀な人です。

 

SESは引き抜かれやすい

で、プロジェクト終了だとかで契約が満了すると山田君は元のYS社に戻ったりまた別の会社に業務委託として常駐したりするんですがこの山田君が優秀な人だと、「山田君、今後のキャリアどう考えてるの?

うちに来ない?」と常駐先から引き抜きの話が来ることがあるんですね。

 

常駐先からすれば、新たに1から人を採用する手間と時間とお金も省けますし、山田君の人柄やスキルは把握しているので「おっこいつ良さそうやんけ!採用したろ!」と採用して実際に入社してみたら「こんな人だと思わなかったザンス!詐欺でヤンス!」となるリスクも防げるわけです。

ジャイ◯ンツの新外国人選手でよくありがちな話ですね^^;

f:id:dead_corns:20170514190535p:plain

 

山田君からしても、実際に客先で働いて客先の社内の雰囲気や実際の仕事内容などがわかっているので入社後にギャップを感じることも少ないですし、引き抜きって面倒な書類選考や複数回の面接は免除されることが多いので1から転職サイトに登録して面接やって〜という手間が省けます。

 

しかも、こういういわゆる「人出し」って自社よりも明らかに大手の会社に常駐することも多いので、今の時代は大手が絶対安心安定とは言えませんが給料アップ・ステップアップが望める可能性も高いです。

こうして見ると「引き抜きする会社」と「引き抜かれる人」はWin-Winなんですが、面白くないのは「引き抜かれる会社」です。

社員を引き抜かれる会社からすれば「おいこら、うちはおたくに労働力を提供してるのになにうちの社員にちょっかい出してんねん」となるのです。

 

IT業界ではこのように「業務委託先の社員を業務委託元の会社が引き抜くこと」はタブーとされています。

実際、私が所属していた会社でも何回か引き抜きを行なった結果、2回ほど業務委託先の営業部長?の方だかが抗議に来ました。

 

引き抜きは悪いこと?

確かに引き抜かれる会社側の言い分もわからなくはないんですが、ただ、転職って自社に対して何かしら不満がある場合が多いと思うんですよね。

給料が低い、残業時間が多い、会社の雰囲気が悪いなど。

 

決して自分の元いた会社を擁護するわけではありませんが、上で書いた引き抜いた方の1人はかなり優秀な方だったのに同世代と比べるとかなり低い給料だったそうです。

さらに、私も業務委託として他社に常駐して働いていた経験があるのですが、他社に常駐して働いていると自社への「帰属意識」は確実に薄れていきます。

 

なぜなら、給与を貰ってるのは自社からでも実際に働いているのは常駐先の会社で、しかも自社の社員と会うのは月1回の全体会議とたまにある飲み会ぐらいで自社の社員よりも常駐先の社員と接することのほうが圧倒的に多いのである意味当然と言えます。

自社に不満があって帰属意識が薄れている状況で常駐先のほうが大手で待遇もよく、しかも可愛い女性社員がいて会社近くに美味しい飲み屋が多いとかなったらもうイチコロなわけです。

 

それに、法律的にはこういう引き抜きは問題ないみたいですし、無理やり引き抜いたわけでもなく最終的に本人の意思で転職を決めたのであれば元所属していた会社がギャーギャー言う出番はないと思うんですよね。

 

最後に

結局のところ、「引き抜かれる会社にも問題があるんじゃないか」と思います。

だって、自社が最高の環境だったら転職しようなんて思わないはずですから。

それに、詳しくはいつか書きたいと思いますが自分のところだってグレーゾーンな人出しをやってるのにタブーや暗黙の了解を持ち出すのはなんだそりゃって思います。

 

ただ、IT業界って結構狭い業界なのであまり引き抜きをやりすぎると「あそこの会社に人を出すと社員を引き抜かれる」なんて噂が広まって人を出してくれなくなりますw

でも実際に客先に常駐する社員としては悪いことばかりではなくて、会社やサービスによってシステムの中身って全然違うので色々な技術・知識を学べまし、人脈も広がります。

 

優秀な方だと常駐先の社員の人と仲良くなり、その社員の人が転職した先の会社で「人を探してるから来ない?」なんて話が来ることもよくあります。

通勤が不便な場所や会社近くに飲食店が少ない場所に行くこともありますが笑

まあでもSESはやっぱり引き抜きが起こりやすいものだと思います。

「隣の芝は青い」じゃないですけど、自社と他社を比べちゃったりするんですよね。

 

それでは!

 

上へ 20171101233130