半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

電子書籍のいいところ

シェアする

スポンサーリンク


こんにちは、長いものに巻かれやすいゆとりSEです。

 

最近電子書籍で本を読み始めました。

今までは、「電子書籍? 本は紙で読むもんでしょ。

だいたいなんでもかんでもIT、PCってブツブツ…」みたいなことを

言っていたんですが、使ってみたら意外とよかったので

使ってみた感想、利点を紹介したいと思います。

ちなみにKindleの端末もiPadも持ってないのでiPhone + Kindleアプリ

本を読んでいます。

  

 

電子書籍の利点

場所を取らない

これはほんと大きいですね。

本をよく読む方は経験があると思いますが、本って意外と場所をとるんですよね。

私はたまにプログラミングの参考書を読んだりするのですが、ああいう参考書って

当然ながら普通の文庫本より大きくて分厚いです。

でも、電子書籍なら端末かアプリさえあればそれに全部入るので場所を取らないです。

特に片付けが絶望的に下手で苦手な私は本棚に入りきらない本がたまにそこらへんに

勝手に散歩していることがあるので、場所を取らないのはほんと大きいです。

 

持ち運びが楽

あ〜これもいいですね。

本好きの方でも普段持ち歩いている本って2〜3冊かな〜と思うんですが、

本って意外とかさばったり重かったりしますよね。

私も大学時代にアホみたいに分厚い参考書をショルダーバックに入れて持ち運んでいたら腰が痛くなったし、講義が多い日はバッグに全部本が入らなかったので仕方なく

大学生がよく持っているプラスチックの透明なケースのやつを買いました

上の「場所を取らない」と被る部分もありますが、端末の容量が許す限り

本を持ち運べるので、例えば通勤途中の電車で「あ〜あの漫画読みたいな」なんて

時にも気軽に読めちゃいます。

 

紙が劣化しない

これもほんとメリットですね。

紙の本だとどうしても紙質が日焼けなどで劣化していきますよね。

後は、うっかり食べ物をこぼして汚してしまったりなど。

ネカフェだとたまにひどい状態の漫画とかありますからね。

でもでもでもでも〜そんなの関係ねぇ!

なんたって電子データなので劣化の心配がありません。

いつまでも新品の綺麗さのまま本を読むことが出来ます。

 

読みたくなった時にすぐに読める

読みたい本を近くの本屋で探したらなかった、Amazonで注文したけど

届くのが2日後。。。みたいな経験は皆さんあると思います。

でも電子書籍なら、AmazonでKindle版の本の購入ボタンを「押してみよう!ポチッとな!」とすれば、すぐお使いの端末に届き、すぐ読めます。

わざわざ本屋で探す必要もないし、届くまで待つ必要もありません。

 

ここまで電子書籍のいいところをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

続いては、電子書籍を使ってみてちょっと不便かな?と思ったところを買いていきます。

 

電子書籍の弱点

たまにない本がある 

たまにですが、電子書籍では存在しない本もあります。

以前私のブログで紹介した、「ザ・さかべ」という漫画も

Kindle版はありませんでしたので実物を購入しました。

まあこれは仕方ないですね。

dead-corns.hatenablog.com

 

そういえば「電子書籍」という言葉が出始めた頃、テレビで「自炊」という

ことをやっていました。

実物の本を裁断機で裁断して、スキャナーで電子データ化してPCに取り込む

というやつです。

最近はあまり耳にしないですが、今でもやっている人はいるんですかね?

自炊代行業者とかもいたと思いますが。

 

背表紙は見れない?

使い始めたばかりなのでもしかしたら出来るかもしれませんが、

多分背表紙は見れないのかな〜と思います。

ちなみに背表紙はここの部分です。

ご存知だと思いますが、念のため。

f:id:dead_corns:20170510162439p:plain

私の大好きな「ドラゴンボール」と「スラムダンク」だとこんな感じです。

f:id:dead_corns:20170510162840j:plain

f:id:dead_corns:20170510162845j:plain

こういう感じで、本を本棚に並べたときに楽しめるのは紙の本の特権かなと思います。

特に、ドラゴンボールは全部の巻を並べると一つの絵になりますからね。

大変美しいです。鳥山さんが間違えたのでヤジロベーが2人いますがw

ただ、写真を見るとわかりますがドラゴンボールもスラムダンクも

かなり色褪せちゃってるんですよね。

ドラゴンボールなんて小学生の時に揃えたので仕方ないですが。

ところでスラムダンクはいつになったら続編をやるんですかね。。。

後、今アニメで「ドラゴンボール超」っていう公式の続編やってるじゃないですか。

個人的には、「ドラゴンボールGT」の最終回がすごいよかったので、

あれで終わりでよかったんじゃないかな〜と思うんですよね。

ただ、ドラゴンボールGTってネット上の評判がすこぶるよくないんですよね。

私は毎週楽しみに観ていて好きだったんですけど。

後、GTのOPを歌ってた「FIELD OF VIEW」の「DAN DAN 心魅かれてく」も

大好きですね。iTunesに入れていますw 

 

見開きのページが1画面で見れない

よく漫画で見開きで迫力あるシーンってあるじゃないですが。

例えばこんな感じの。

f:id:dead_corns:20170510165707p:plain

絵が下手すぎて何を描いているか全くわからないと思うので一応説明しますと、

「進撃の巨人」の20巻で主人公かつヒロインのエレン超大型巨人こと

腰巾着のベルトルさんに斬りかかるシーンです。

いや、実物はほんと迫力ありますんで。

それで、こういう風な見開きページを1画面で見れないんですね。

そこはちょっと不便というか残念かなと思います。

そういえば、進撃の巨人ってほんとアニメ化が成功だよな〜って思います。

立体機動のシーンのスピード感や爽快感が素晴らしいですし、

巨人に襲われるときの絶望感がより伝わってきます。

 

iPhoneだとちょっと小さい

これは人によるかもしれませんが、iPhoneだとちょっと画面が小さいかな〜と思います。

多分、今までずっと普通の文庫本や漫画のサイズに慣れているからかもしれませんが。

読むんでしたら、「iPad mini」ぐらいのサイズが欲しいですね。

あ〜iPad欲しい。

 

最後に

電子書籍を使った感想を書いてきましたが、電子書籍も紙の本も

どちらもいいところがあるのでどちらが上とかはないと思います。

紙の本も、神保町の古本屋とかいい感じですし。

ただ、私は住んでいる部屋もあまり広くなくスペースの問題があるので、

今後は電子書籍で買うことのほうが多くなるのかな〜と思ってます。

ちなみに、私が電子書籍で初めて読んだのは「中間管理録トネガワ」という漫画でしたw

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

この漫画、映画化もされた「カイジ」という漫画の作者である福本さんの

アシスタントの方が描いているスピンオフなんですが、絵もそっくりですし本編と

違ってギャグ調なのでおすすめですw

カイジを知らなくても楽しめると思います!

 

それでは〜

上へ 20171101233130