半魚人
魚ちゃん
魚ちゃん2

通勤電車で座る方法を真面目に考えてみた

シェアする

スポンサーリンク


朝の通勤時に電車に座りたい。。。

それは、誰もが考えるだと思います。

少しでも寝て睡眠不足を解消したい、雑誌を読みたい、PCで仕事をしたいなど、

目的は様々ですが特に都内の殺人的な通勤ラッシュ時にわざわざずっと

周りから圧力を受け痴漢もしくは痴漢冤罪の恐怖に怯えながら

通勤したいという修行僧みたいな人はそういないのではないでしょうか。

しかし、なかなか席が空いてないのが現実。

電車が駅に着くと心の中で前の人に向かって「降りろ降りろ」と念じ、

降りなかったらやはり心の中で舌打ちするのは私だけではないと思います。

 今回は、私なりに考えた「朝電車で座る方法」をお伝えしようと思います。

なお、全く根拠がないことなので私は一切責任を負いませんのでご了承ください^^

 

朝電車で座る方法

・駅始発電車に乗る

確実性:★★★★★

機会 :

これは確実性がとても高いです。

駅始発電車・折り返し電車は乗客が1度降りるので、席は確実に空いています。

先頭で電車を待っていた場合なんて席はよりどりみどりです。

恐らく、列の4番目あたりまでは確実に座れるのではないかなと思います。

ただ、当然ながら全ての駅で始発電車や折り返し電車があるわけではないので、

自分の最寄駅に始発電車がある方の特権と言えます。

 

・通勤ラッシュの時間帯を避けて電車に乗る

確実性:★★★

難易度:★★★★★

これはかなり難易度が高いです。

単純に電車が特に混むであろう7:00〜9:00あたりを避けて電車に

乗れば座れる確率は高くなると思いますが、都内の場合6:30や9:30頃でも

普通に電車は混んでいるので、確実性を高める場合はそれ以前もしくは以降に

電車に乗る必要があります。

そうすると、電車に乗る時間帯は始発〜6:30以前、9:30以降になってしまうのですが、

会社の始業時間は8:30〜10:00頃が多いと思われますので、

通勤に1時間ぐらいかかる方が自宅最寄駅から9:30以降の電車に乗ったら遅刻ですし、

そもそも「座るために始発に近い時間帯に電車に乗る」というのは

忙しく疲れ切っているサラリーマンにはなかなか出来ることではありません。

なので、フレックス制が導入されている会社や「朝早く起きてカフェで優雅に

朝食を食べながら読書をする」という人生に余裕がある方でないと難しいです。

 

・降車する人が多い駅の階段近くの車両に乗る

確実性:★★

リスク:★★★★★

これは現実的な選択肢といえます。

電車から降りた後なるべく歩かないために電車に乗る際に

階段に近い車両を選んで乗るという経験は恐らく誰もがあると思います。

その習性を利用して、例えば池袋、新宿、渋谷などの降車客が多い駅の

階段の場所を覚えておき、その階段付近の車両に乗れば降りる客も多いので

席に座れる可能性も高まるというのがこれです。

ただリスクもありまして、階段近くの車両は当然ながら

乗車客も多いので、当然混雑しています。

混雑率が高くて体力が消耗しストレスが溜まっている上に、

降車客が多い駅で自分の前の席の両隣だけが空いて自分は座れないなんて

状況になったらそれはもう殺意がわくレベルです。

 

・学生が座っている席の前に陣取る

確実性:★★★

難易度:★★★

これは個人的におすすめです。

学生って高校生なら学生服を着ているし、大学生ならウェーイwwwみたいな感じ(私の勝手な偏見です。真面目な大学生の皆さんすいません)で社会人とは見分けが着くと

思いますが、学生がどのへんで降りるかってなんとなくわかると思うんですね。

有名なところだと、高田馬場駅とか。

なので、学生の席の前にいれば座れる可能性が高いのではないかと思うんですが

ただ、今の時代学生をマンマークとかすると下手したらストーカーとして

突き出されることもあるかもしれないので注意が必要です。

こうやって書いていると私って気持ち悪いですが、普段私が通勤している時間帯って

あまり学生はいないですし、最寄駅から座って通勤できるので決して

変なことなんてしてないです。はい。

 ああ後、たまに練習試合や大会に行くと思われるジャージの集団が乗っていますが、

彼らはどこで降りるか読めないのでオススメしないです。

 

・家族連れ・カップルの席の前に陣取る

機会:

ストレス性:★★★★★

これは休日出勤やシフト勤務で土日に出社する人でないとあまり機会がないと思います(平日の通勤時間帯に家族連れってあまり見かけないので)。

休日によく家族連れや張り倒したくなりますがカップルが遊びに行く場合に

並んで座席に座っていると思います。

一緒の目的地に行くなら当然ながら一緒に降りるわけで、そうすると複数の席が

一気に空くんですね。

複数の席が空けば、自分の前の席の両隣だけ空いて自分は座れないということが減り、

座れる確率が高くなるのです。

どうですかこれ。いい方法だと思いませんか?

ただ、これにも欠点がありまして、家族連れはともかくカップルが目の前で

イチャイチャしてるの見るとほんとストレスが溜まるですね。

しかも、世間は休みなのに自分は出勤で、方や休みで浮かれているのを見るのは

なんとも言えない気分になります。

それでいて降りる駅まで一緒とかだとほんと「ヒーハー!」と叫びたくなります。

と、なんか個人的感情がかなり入ってしまいましたが、そういう精神的苦痛を

感じない方であればこれはかなりおすすめです。

 

・最後に

私なりに通勤電車で座る方法を考えたのですがいかがでしたでしょうか。

ここに書いてあることは全て根拠がないことなので、試される場合は自己責任

お願いします。

後、余談ですがほんとかどうかはわからないですが満員電車で感じるストレスは

出撃前の戦闘機のパイロットより高いらしいです。

それでは、皆さん良い通勤生活を。

上へ